• セキュリティ
  • インタビュー

【りらいあコミュニケーションズ様】標的型サイバー攻撃対策を強化へ

2016年7月18日

  •  
  •  

現在のDDI活用状況と今後の展望

トレンドマイクロ社のウイルスバスターシリーズをメインに、社内システムの入口・出口対策を強化してきた、りらいあコミュニケーションズ。しかし、メディアから伝えられる標的型サイバー攻撃の被害状況や他社動向を受けて、2年前から内部対策を含めた”セキュリティの多階層防御”に関する検討を開始しました。
そこで、トレンドマイクロ社のDeep Discovery Inspector(DDI)に注目し、導入実績が豊富で、システムエンジニアや営業担当が知見に長けているシーイーシーを導入ベンダーに決定しました。現在のDDIの活用状況と今後の展望をご紹介します。

詳しくはこちらから>>


<りらいあコミュニケーションズの概要>

1987年創業の、大手BPO(Buisiness Process Outsourcing)サービス会社である。日本全国にオペレーションセンターを配置し、グループ全体で約2万人のスタッフがコンタクトセンター、バックオフィス、対面営業支援などの顧客接点周辺のBPOサービスに従事、国内主要企業向けにサービスを提供中だ。また、ICTを活用した最新のサービス「りらいあボイスクラウド」の展開にも力を入れている。


 

Spread the love
  •  
  •  

この記事に含まれるタグ一覧

RECOMMEND ENTRIESよく読まれている記事