• HOME
  • ICT未来図
  • 事例
  • 【 ディーアールエス株式会社様 】システム基盤のクラウド移行 – クラウドとオープンソースを組み合わせた環境へシステム刷新 –

【 ディーアールエス株式会社様 】
システム基盤のクラウド移行 – クラウドとオープンソースを組み合わせた環境へシステム刷新 –

事例

金機関向けのセキュリティレベルと満たしつつ、クラウドとオープンソースを組み合わせた環境へシステム刷新

ICTリノベーションサービス「Re@nove(リノーブ)」により既存ICT資産を有効活用し、短期間かつ低コストで成長戦略の実現に向けたシステムの刷新に成功しました。

導入ポイント/導入効果

  1. 金融機関に準拠したセキュリティ基準をクリア
  2. 保守アウトソーシングにより、最短2週間でリリース可能に
  3. 既存資産を活かし、開発コストをスクラッチ開発の約半分に

詳しくはこちら

ディーアールエス株式会社の概要

IT資産のレンタル/リースとIT資産管理サービス「DREAMS」を核に、IT資産の調達から導入、運用、管理、処分に至るライフサイクル全般に関するソリューションを提供する企業。「DREAMS」のユーザー企業が管理するIT資産の数は約33万5千台に上る。

商 号:ディーアールエス株式会社(DRS Company Limited)
本 社:東京都千代田区大手町一丁目9番2号 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ19階
代表者:代表取締役社長 松田 晴彦
設 立:1997年7月1日
資本金:8億1千6百万円(三菱UFJリース株式会社100%出資)
事業内容:
1. コンピュータおよび周辺機器のレンタル・リース
2. コンピュータを中心とするIT資産管理、ソフトウェア資産管理
3. 各種情報提供サービス
4. その他、上記に附帯または関連する一切の業務

URL:https://www.drs.co.jp/

 

関連記事一覧