• HOME
  • ICT未来図
  • 事例
  • 【中央日本土地建物グループ株式会社様】Dynamics 365による情報一元化と全体最適化を実現

【中央日本土地建物グループ株式会社様】Dynamics 365による情報一元化と全体最適化を実現

事例

中央日本土地建物グループ株式会社では、レガシー化した業務システムのリプレースにあたり、サブシステムを順次スクラッチで開発したシステムだったため、システム全体の最適化が困難な課題を持っていました。
このため、新たなプラットフォームとして「Microsoft Dynamics 365 Sales(以下 Dynamics 365)へリプレース。Dynamics 365を中心として情報一元化と全体最適化を実現するプロジェクトがスタートしました。

お客様の抱えていた課題とは

  1. 取引先情報が社内のサブシステムに散在し、必要な情報をタイムリーに抽出できなかった
  2. 旧来のシステムは一世代前のプラットフォームであるが故に、開発生産性や保守性が低かった

Dynamics 365の標準機能を最大限に活かした構築手法で、業務システムの情報一元化と全体最適化の実現に貢献しました。

詳しくはこちら

関連サービス情報

Convergent-logoマイクロソフトクラウドサービス総合ソリューション

お問い合わせ

関連記事一覧