• HOME
  • ICT未来図
  • 事例
  • 【日興システムソリューションズ株式会社様】IBMメインフレームをリホスト方式でオープン化

【日興システムソリューションズ株式会社様】IBMメインフレームをリホスト方式でオープン化

事例

日興システムソリューションズ株式会社では、長年稼働しているメインフレームの金融システムがあり、レガシー対応ということでオープン化を随時進めてきました。
こうした状況のなか、IBMメインフレームで稼働している制度商品領域のオープン化に取り組むことになった。これまで行ってきたオープン化は、PL/Iやアセンブラだったため、スクラッチのリビルドで行ってきたが、今回の移行資産の大部分はCOBOLだった。COBOLの既存ロジックを崩さないリホスト方式でオープン化を実現するプロジェクトがスタートしました。

お客様の抱えていた課題とは。

  1. IBMメインフレーム(COBOL)のオープン化が急務
  2. 今後の開発・保守に対応できるエンジニアの確保が不透明
  3. リホスト後のディレードバッチ処理性能の維持

品質・性能を重視した事前調査・PoCによる徹底検証によりリホスト後のシステムの安定稼働の実現に貢献しました。

詳しくはこちら


お問い合わせ

関連記事一覧