【千葉市役所様】窓口混雑緩和を実現する総合窓口案内システム導入事例

事例

自治体DX(デジタルトランスフォーメーション)が加速する中、千葉市役所では、待合ホールの混雑を解消し、コストや業務負荷の削減も実現できる「総合窓口案内システム」を導入しました。

受付発券機が発行した受付票を受け取った後は、自分の番号が呼ばれるまで待合ホールで待つ状態でしたが、待ち時間も長く、繁忙期には2,3時間かかることもありました。さまざまな取り組みを行いましたが、使用していたシステムの老朽化や、新型コロナウイルス感染症への対策などをきっかけに、新たな総合窓口案内システムの導入を決定しました。

そのような中、お客様の抱えていた課題とは。

  • 窓口の待ち時間をインターネットでリアルタイム配信する
  • 順番が近いことをプッシュ通知で知らせる
  • 今後の拡張性や柔軟性を見据えつつ全体のコストを抑える

今後の拡張性やDXの推進に柔軟に対応できるようなシステムの導入を実現しました。

詳しくはこちら

関連記事一覧