【東急株式会社様】情報の流れを効率化するDynamics 365とPower Platform導入事例

事例

営業活動のDX(デジタルトランスフォーメーション)が加速する中、東急株式会社では、情報集約・集計の効率化と、集めた情報を積極的に活用するため、Microsoft Dynamics 365とPower Platformを導入しました。

導入前までは、営業各個人や各部門、物件管理の委託パートナー企業それぞれがExcelなどで持つ情報を定期的に集約・集計し、意思決定者へ共有していました。

そのような中、お客様の抱えていた課題とは。

  • 変化の激しい業界動向の中で競合他社の営業活動も活発化。営業力強化のためのDXが急務
  • 業務が属人化していて部門間の連携が不足、顧客満足度に影響する可能性
  • 情報の散在と多重管理により、マネジメント陣や経営陣へのエスカレーションスピードが低下

ビジネス環境の変化スピードや今後のDX推進に柔軟に対応できるような、Dynamics 365とPower Platformの導入を実現しました。

詳しくはこちら


お問い合わせ

関連記事一覧