【古野電気株式会社様】
CRMを導入して「営業会議の質」の改善に成功

事例

長年培ってきた独自の営業ノウハウを生かしきる“お客様情報管理システム”

1948年に世界で初めて魚群探知機を実用化した古野電気株式会社、2000年代に入ると、システム機器事業部ではヘルスケア関連機器や車載用GPS受信機の開発などを行い、陸上分野にも進出。産業用電子機器の開発・製造・販売で、着実に市場を拡大しています。
さらなる発展に向けて「お客様情報管理システム(CRM)」構築ツールとして選んだのは「Microsoft Dynamics 365」でした。そのわけとは……。

導入ポイント/導入効果

1.一目瞭然のグラフ表示で営業会議の質を変革
蓄積された情報を元に作成されたグラフを確認しながら「求められる次のアクション」を議論する戦略的な会議へと、会議の質的な変化を促進。
2.現場主導のカスタマイズで、使い勝手を大幅に向上
ITの専門知識がなくてもUIなどの簡単なカスタマイズが可能な柔軟性を活かし、”現場に即した仕様変更”を営業の現場主導で実践。
3.ERPとCRMの連携による調達・生産管理の最適化
CRMに加え、ERPの機能もラインアップしているDynamics 365の強味を活かしたシステム連携を検討。一貫した情報連携によるQCDの向上に期待。

詳しくはこちら 

古野電気株式会社の概要

1948年に世界で初めて魚群探知機を実用化。優れたセンシング技術、情報処理/情報通信技術を活かして順調に事業を拡大。2000年代に入るとヘルスケア関連機器や車載用GPS受信機の開発などを行い、陸上分野にも進出。陸上部門を管轄するシステム機器事業部では産業用電子機器の開発・製造・販売で、着実に市場を拡大。

商 号 : 古野電気株式会社
本 社 : 兵庫県西宮市芦原町9-52
代表者 : 代表取締役社長 古野 幸男
創 業 : 1938年(昭和13年)
設 立 : 1951年(昭和26年)5月23日
資本金 : 7,534百万円
従業員数 : 2,920名(連結:2018年2月28日時点)
事業内容 : 舶用電子機器および産業用電子機器などの製造・販売
URL : https://www.furuno.co.jp

関連記事一覧