データセンターとは?
– オンプレミスから移行するメリット –

業務効率化

昨今、オンプレミスではなくデータセンターで業務システムを運用する企業が増えています。

従来型のオンプレミスでの運用には、自社の業務や他のシステムとの連携に合わせてカスタマイズしやすいといったメリットがありますが、課題も多くあります。それを解決するためには、データセンターへの移行が効果的です。
今回のコラムでは、オンプレミスの課題と、データセンターの特長についてご紹介します。

オンプレミスの課題とは?

オンプレミス(On-Premises)とは、社内にサーバーを設置し、ネットワークを構築して自社で運用するシステムです。サーバー、ネットワーク、端末のすべてが自社内にあります。

オンプレミスは、自社内にサーバーを設置し、インターネットなどの回線を使用しないため安全性が高いこと、柔軟にカスタマイズできるので既存のシステムや業務体系に合わせやすいこと、などがメリットとして挙げられます。

しかし、オンプレミスには次のような課題もあります。

導入や運用に大きな労力がかかる

オンプレミスのシステムでは、通常のトラブル対応やメンテナンス、バックアップの用意だけでなく、システムのアップデートやハードウェアの更新、災害や障害発生時の対策も社内でおこなう必要があります。そのため、保守運用のスタッフには高い専門知識が必要で、大きな責任が生じると同時に、膨大な工数がかかります。

障害や災害への対策が必要

オンプレミスでは、ネットワーク障害や災害対策も自社でおこなわなければなりません。
災害発生時には、ハードウェアの再構築とバックアップデータからの復旧の両方が必要ですが、バックアップが自社内にある場合、データがすべて消失する可能性もあります。そのため、あらためてハードウェアを用意してネットワークを再構築したり、自社のサーバーとは別な場所にバックアップを用意したりといった、大掛かりな対策が必要です。
また、ネットワーク障害が発生すると、システム全体がダウンし、業務に関する処理だけでなく、営業活動や自社のWebサイト、メールも止まってしまい被害が大きくなります。

初期費用が高い

オンプレミスのシステムには、サーバーやネットワークなどのハードウェアが必要で、多額の費用がかかります。サーバールームには、ハードウェアだけでなく、空調やセキュリティなどの設備も必要です。システムも自社に合わせてカスタマイズするため、既存のシステムをそのまま利用するより費用が高くなります。すべてを自社に合わせて用意するので、費用だけでなく、導入や運用に時間もかかります。

データセンターのメリットは、高品質で安全な環境を実現できること

データセンターとは、大容量のデータを保管・処理・伝送するために専用に用意された施設です。データセンターは、建物のスペースと回線を提供しています。データセンターの建物には、データセンターが安定稼働するためのUPS(無停電電源装置)や耐震設備、セキュリティに関する設備などが用意されています。

サーバーなどの設備をユーザーが用意し、データセンターに預けるのが、「ハウジングサービス」「コロケーションサービス」です。レンタルサーバーのように、サーバーなどの設備をデータセンター側が用意する場合は「ホスティングサービス」と言います。ハウジング、ホスティングのどちらも、多数のサービス事業者が存在します。

データセンターサービスの選び方としては、価格、サービス内容、立地条件といった基本的な項目に加え、セキュリティ対策、サポート対応、トラブル時の復旧対応が十分かどうかもチェックする必要があります。

オンプレミスではなくデータセンターを利用することには、次のようなメリットがあります。

高品質な通信回線

高速で大容量の通信回線が大量に用意されており、高品質な通信回線を安定的に利用できます。自社で高速通信回線を用意し、保守運用する必要はありません。

万全な災害対策

データセンターの建物は、基本的に耐震構造になっており、停電に備えたUPSや非常用発電装置も用意されています。火災発生時の消火設備も、機械に影響の少ないものです。災害が発生しても、内部のサーバーが停止することはありません。

強固なセキュリティ対策

入退室管理や監視カメラなど、建物に対するセキュリティも強化されています。ユーザーが用意するのは、システムのソフトウェアに対するセキュリティだけです。

サーバーに適した環境

データセンターは、大量のサーバーやネットワーク機器が発する熱を逃がすため、空調設備で温度や湿度を管理し、ハードウェアが安定稼働できるようになっています。ご要望によってはハードウェアに対する保守も、データセンター側が行います。

シーイーシーでは、ハウジングサービスやホスティングサービスなど、データセンターを利用したさまざまなサービスを提供しており、お客様の目的や課題に合わせたデータセンターの活用方法をご提案しています。また、データセンターでのシステム構築や、既存システムからの移行、運用管理などのサービスも充実しています。
豊富な経験を持つシーイーシーには、保険業界、官公庁・公共団体などのシステム最適化、データセンター移行の実績もあり、データセンターをより活用したいと考えている企業に選ばれています。ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

関連サービス情報

シーイーシーのデータセンター、クラウドについて
詳細はこちら

1Mbps専有の回線料金ランキングで上位を獲得!※
シーイーシーの「フルサポートデータセンター」について
詳細はこちら
※出典:「クラウド&データセンター完全ガイド2019年冬号」

無料お役立ち資料ダウンロード配布中 「失敗しないデータセンター選びのポイント」
ダウンロードはこちら

関連記事一覧