クラウドのメリットとは?
– 自社に合ったクラウドサービスの選び方 –

業務効率化

コスト削減や業務効率化、災害対策などの観点から、サーバーやシステムの管理にクラウドサービスを利用する企業が増えています。

クラウドサービスの特徴、メリットについてご紹介するとともに、選び方のポイントについて解説します。

クラウドサービスとは?

クラウドサービスは、ハードウェアや回線、ソフトウェアなどのサービス(リソース)を、ネットワーク経由で利用できるサービスです。

サービスはインターネット経由で提供され、実際にある場所を意識する必要がないところから、Cloud(雲)と呼ばれています。クラウドサービスを利用すれば、ユーザーが自分でサーバーなどのハードウェア、回線などのインフラ、開発環境(プラットフォーム)、ソフトウェアを用意する手間やコストを省けます。

クラウドサービスを使うメリットは?

クラウドサービスには、次のようなメリットがあります。

初期費用を抑えられる

サーバーやインターネット回線などのリソースを用意する必要がなく、サービスによってはOSやソフトウェアも用意されているので、初期費用を抑えることができます。

コストの最適化

リソースを需要に合わせて使いたい分だけ使うことができるので、簡単に容量を拡張したり縮小したりでき、コストを最適化できます。また、メンテナンスはクラウドサービス側が行うので、人員や費用を節約できます。

いつでもどこからでも利用できる

インターネット経由でサービスが提供されるため、場所を問わずに利用が可能です。

クラウドサービスの種類(SaaS、PaaS、IaaS)

クラウドサービスは、どのレベルまでリソースを利用するかによって、SaaS、PaaS、IaaSの3種類に大別できます。

SaaS(Software as a Service)

SaaS(サース)は、あらかじめインストールされているソフトウェアを、クラウド経由で利用するサービスです。
ユーザーはインストールされているソフトウェアをどのように利用するかを考えるだけでよく、インフラのメンテナンスや管理をする必要はありません。常に最新の機能を利用できるうえ、どこからでも同じ環境で使えます。

PaaS(Platform as a Service)

PaaS(パース)は、データベースなどのミドルウェアや開発環境をインターネット経由で利用するサービス形態です。
開発環境の上で利用するシステムやアプリケーションは、ユーザーが開発する必要があります。インフラやプラットフォームを用意する必要がないので、効率的に開発を行うことができます。

IaaS (Infrastructure as a Service)

IaaS(アイアース/イアース)は、サーバー、ストレージ、コンピューター、回線などのインフラ部分を提供するサービスです。
基本ソフト(OS)と一部のミドルウェア以外は、すべてユーザーで用意するため、スキルの高いIT技術者が必要です。カスタマイズが自由に行える一方、サーバーやソフトウェアのメンテナンスを行う必要があります。

パブリッククラウドとプライベートクラウド

クラウドサービスは、環境によって大きくはパブリッククラウドとプライベートクラウドの2種類に分けることができます。

パブリッククラウド

パブリッククラウドは、不特定多数のユーザでハードウェアやOSなどのリソースを共有します。企業や個人を問わず、誰でも使いたい分だけ使うことができます。多くのユーザーで共有するため、比較的安い料金で利用できます。一方で、「自由なカスタマイズができない」「他ユーザーの利用による影響を受ける場合がある」といったデメリットがあります。

プライベートクラウド

プライベートクラウドは、名前の通り自社専用に用意されたクラウド環境です。ハードウェアやOSなどのリソースを1社で占有できるため、高度なセキュリティを設定したり、自由にカスタマイズしたりすることが可能です。ただし、コストが高く、ソフトウェアの修正やメンテナンスに時間や手間がかかります。

クラウドサービスの選び方

現在、多くの会社が多様なクラウドサービスを提供しています。
そこで、どのようにクラウドサービスを選ぶかが重要になります。

クラウドサービスを選ぶときには、次のようなポイントから、自社に合ったクラウドサービスを選びましょう。

コスト

クラウドサービスは使い方によってコストが大きく異なります。どのような使い方をするのか、どの程度のアクセスがあるのかを考えて、クラウドサービスを選定しましょう。キャンペーンなどの実施で、一時的にアクセスが集中するようなWebサイトには、従量制の料金体系が向いていますが、毎月一定のアクセスがあるWebサイトでは、定額制の料金が向いています。

サービスの内容、性能

クラウドサービスの種類や内容は、提供業者によってさまざまです。提供されるアプリケーションやストレージの種類や性能を比較して、自社に合うサービスはどれかを見極めましょう。

運用やサポート

問い合わせ可能な時間や窓口など、クラウドサービス側からはどのようなサポートがあるのか確認しておきましょう。特にシステム導入時や移行時のサポートは重要です。

セキュリティ、安定性

クラウドサービス提供業者が、どの程度の技術や実績を持っているか、選定前に確認することが重要です。また、ログイン時の認証、権限の設定など、セキュリティ要件はどのようなものがあるかも確認します。地震や災害、障害発生時でも、安定稼働できる対策があるかも重要なポイントです。

自社に合ったクラウドサービスを選び、活用することが重要

シーイーシーは、IDC(インターネットデータセンター)を開設してから20周年を迎え、IDC開設前からさかのぼると30年の歴史があり、クラウドサービスで豊富な実績を持っています。移行や設定、運用、SI(システムインテグレーション)まで幅広く対応が可能です。常駐しているSE(システムエンジニア)が、専門的な見地から、きめ細かなサポートを行うので、ITスキルの高いシステム開発者が社内にいないお客様からも信頼を得ています。

複数の拠点を持ち、99.99%の稼働率を誇るシーイーシーのデータセンターは、SI力、豊富な実績、安定性に強みがあります。また、パブリッククラウドやプライベートクラウドだけでなく、ストレージやセキュリティなど、関連するさまざまなサービスを提供しています。クラウドサービスをご検討であれば、官公庁や大手企業からも選ばれている当社に、ぜひお問い合わせください。

関連サービス情報

シーイーシーのクラウドについて詳しくはこちら
詳細はこちら

関連記事一覧