データセンターのメリットとは?
– 種類や選び方を解説 –

業務効率化

データセンターでシステムを運用する企業が増えていますが、選び方によっては、業務効率化やコスト削減といったメリットを十分に享受できないケースもあります。

それを防ぐには、データセンターの特徴や選び方を理解することが必要です。今回のコラムでは、データセンターのメリットや選び方のポイントについてご紹介します。

データセンターとは?

データセンターとは、サーバーやメインフレームなどのコンピューターと、通信設備などを設置した施設のことです。クラウドサービスと同様に、データセンター内のリソースは、多くの場合、多数のユーザーで共有されています。インターネットを介して利用するための装置に特化したものを、特にインターネットデータセンター(IDC)とも言います。データセンターでは、サーバーなどのコンピューターを安全かつ最適に利用するための設備や回線、電力を供給しています。

データセンターのメリットは?

サーバーなどの設備を自社内に置かず、データセンターを利用することで、次のようなメリットがあります。

安定稼働

データセンターの設備は、自然災害の少ない場所で、耐震(または免振)の建物内に用意されています。コンピューターを安定稼働させるための空調設備も設置済みです。さらに、災害時などの停電に備え、UPS(無停電電源)や予備電源、非常用発電装置を準備し、火災の際に使う消火剤も、コンピューターに影響のないものとなっています。もちろん、万一のためのバックアップも用意されています。
24時間365日、正常に稼働することがデータセンターにとって重要です。そのため、コンピューターをはじめとするリソースを安全に運用するために、最適な設備となっています。

高いセキュリティ

リソースやユーザーのデータを保護するため、データセンターには生体認証や接触型カード、二段階以上の認証方式など、厳重なセキュリティ対策が用意されています。さらに24時間の有人監視、監視カメラ、入出時のチェックなど、厳しい警備体制がとられています。24時間の監視体制があるので、障害の発生も素早く検知でき、復旧までの時間を短くすることができます。

データセンターサービスの種類

データセンターは、提供するサービスによって、ハウジングとホスティングの2種類に大きく分かれます。

ハウジングサービス

ハウジングサービスは、コロケーションとも言い、企業のサーバーなどを共同の場所に預けるサービスです。サービス事業者が場所を提供し、ユーザーがサーバーやネットワーク機器を準備し、データセンターに預ける形になります。ハードウェアの運用や保守は基本的にユーザー側で行います。都市型のハウジングサービスであれば、緊急時にすぐに駆け付けることができるので安心です。なお、サーバーの運用管理やマネージドサービスを提供するデータセンターもあります。

ホスティングサービス

レンタルサーバー、シェアードホスティングとも呼ばれます。データセンター側が、サーバーやネットワーク機器を用意して、運用管理します。ユーザーは、サーバーを所有せずに、サービスとして利用します。保守サービスが含まれているので、遠隔地のデータセンターでも問題ありません。サーバーを占有する「専用ホスティングサービス」と、サーバーを複数のユーザーで共有する「共有ホスティングサービス」があります。

データセンターの選び方

データセンターを選ぶときには、まず、自社がどのようにデータセンターを利用したいのかを考える必要があります。

社内要件を明確にしたうえで、次のようなポイントでデータセンターを選びましょう。

稼働の安定性

データセンターは、自社にサーバーを置くよりも安心ですが、その中でも、より災害に強いデータセンターを選ぶことが重要です。建物の立地、大まかな設置場所や耐震性能、免震構造や制震構造の有無などを確認しておきましょう。空調設備や供給電源、停電時の対応などにも気をつける必要があります。データセンターには、安定稼働という大きなメリットがありますが、サービスの内容は事業者によって異なります。より自社に合ったサービスを見極めることが重要です。

セキュリティ

部外者によるデータの盗難や破損、漏えいを防ぐため、セキュリティについてもチェックが必要です。物理的な入退室管理とネットワークセキュリティの両面から、高いセキュリティを実現しているデータセンターを選びましょう。

サポート

導入時のサポートや運用中の質問、トラブル発生時の問い合わせなど、サポートサービスを利用する機会は案外多いものです。問い合わせの対応レベル、サポート体制や内容、料金を確認しておく必要があります。

料金

データセンターの利用料金は、ラック利用料(コンピューターの利用料)、電源、回線、サポートの料金など、さまざまな料金がかかります。利用するデータ容量が大きいと料金も高くなるので、自社で最適な容量を計算しておくことも重要です。

シーイーシーでは、お客様の目的や課題に合わせて、きめ細かなデータセンターサービスを提供しています。ハウジング、ホスティングともに可能です。
業界トップクラスの品質と対応力を誇る当社には、経験豊富な技術者が多く在籍し、レガシーシステム(メインフレーム、AS/400)にも対応できます。高い技術力、セキュリティ対策が評価されており、官公庁、自治体の実績も多数あります。
また、複数のデータセンターを設けており、これらの拠点から、お客様のニーズに合わせて選定していただけます。
お客様がコア事業に集中し、さらなる成長を実現することをゴールとして、最適なデータセンターサービスをご提供します。この機会に、データセンターの移行や最適化について、ご検討されてはいかがでしょうか。

関連サービス情報

シーイーシーのデータセンターについて
詳細はこちら

1Mbps専有の回線料金ランキングで上位を獲得!※
シーイーシーの「フルサポートデータセンター」について
詳細はこちら
※出典:「クラウド&データセンター完全ガイド2019年冬号」

無料お役立ち資料ダウンロード配布中 「失敗しないデータセンター選びのポイント」
ダウンロードはこちら

関連記事一覧