データセンターとは? 種類や選定ポイント、クラウドとの違いまで徹底解説

業務効率化

データセンターとは、サーバーやメインフレームなどのコンピューターと、通信設備などを設置した施設のことです。
近年は災害対策の一環として、データセンターを活用する企業が増えています。これまではオンプレミスで自社のITリソースを運用管理していた企業も、データセンターの活用によって、より安定した保守運用とセキュリティ対策が可能になります。
今回は、データセンターを活用するメリットやクラウドとの違い、データセンターの種類から選定ポイントまで徹底解説します。

データセンターとは? オンプレミスの課題を解決

クラウドサービスと同様に、データセンター内のリソースは多くの場合、多数のユーザーで共有されています。インターネットを介して利用するための施設に特化したものを、特にインターネットデータセンター(IDC)とも言います。データセンターでは、サーバーなどのコンピューターを安全かつ最適に利用するための設備や回線、電力を供給しています。
従来型のオンプレミスでの運用には、自社の業務や他のシステムとの連携に合わせてカスタマイズしやすいといったメリットがありますが、その反面多くの課題も抱えています。それを解決するために、データセンターへの移行が効果的という訳です。
まずはオンプレミスで運用することの課題を把握しましょう。

オンプレミスの課題

オンプレミス(On-Premises)とは、社内にサーバーを設置し、ネットワークを構築して自社で運用するシステムです。サーバー、ネットワーク、端末のすべてが自社内にあります。
自社で運用管理するため、安全性が高く柔軟にカスタマイズでき、既存のシステムや業務体系に合わせやすいメリットがあります。
しかし、オンプレミスには次のような課題もあります。

導入や運用に大きな労力がかかる

オンプレミスのシステムでは、通常のトラブル対応やメンテナンス、バックアップの用意だけでなく、システムのアップデートやハードウェアの更新、災害や障害発生時の対策も社内でおこなう必要があります。
そのため、保守運用のスタッフには高い専門知識が必要で、大きな責任が生じると同時に、膨大な工数がかかります。

障害や災害への対策が必要

ネットワーク障害や災害対策も自社でおこなわなければなりません。
災害発生時には、ハードウェアの再構築とバックアップデータからの復旧の両方が必要ですが、バックアップが自社内にある場合、データがすべて消失する可能性もあります。そのため、あらためてハードウェアを用意してネットワークを再構築したり、自社のサーバーとは別な場所にバックアップを用意したりといった、大掛かりな対策が必要です。
また、ネットワーク障害が発生すると、システム全体がダウンし、業務に関する処理だけでなく、営業活動や自社のWebサイト、メールも止まってしまい被害が大きくなる危険性があります。

初期費用が高い

オンプレミスのシステムには、サーバーやネットワークなどのハードウェアが必要で、多額の費用がかかります。サーバールームには、ハードウェアだけでなく、空調やセキュリティなどの設備も必要です。
システムも自社に合わせてカスタマイズするため、既存のシステムをそのまま利用するより費用が高くなります。すべてを自社に合わせて用意するので、費用だけでなく、導入や運用に時間もかかります。

データセンターとクラウドの違い

近年、SaaSやPaaS、IaaSといったクラウドサービスの台頭により、企業のクラウド移行が進んでいます。
クラウドサービスでは、サーバーやメインフレームなどのハードウェアはサービス提供側が用意するため、管理負担も任せることが可能です。ユーザーは、ITリソースを必要な時に、必要な分だけ利用できます。
一見、クラウドサービスの方がデータセンターよりもコストをかけずにITリソースを管理運用できそうですが、メリットばかりではありません。クラウドサービスはサービス提供側があらかじめ用意したサーバーなどのIT機器を利用するため、カスタマイズ性が低いのです。
管理負担をサービス提供者に一任しているということは、万が一のトラブル時の対応も任せていることになります。多くの場合、データセンターは24時間稼働しているため、クラウドサービスよりも迅速にトラブル対応できる可能性があります。
また、企業の機密情報もサービス提供側に預けることになるため、情報漏えいの危険性が伴います。データセンターであれば、企業のセキュリティポリシーを守った柔軟な運用管理が可能でしょう。

データセンターのメリット「安全で高品質な環境」

サーバーなどの設備を自社内に置かず、データセンターを利用することで、次のようなメリットがあります。

万全の災害対策と安定稼働

データセンターの設備は、自然災害の少ない場所で、耐震(または免震)の建物内に用意されています。コンピューターを安定稼働させるための空調設備も設置済みです。さらに、災害時などの停電に備え、UPS(無停電電源)や予備電源、非常用発電装置を準備し、火災の際に使う消火剤も、コンピューターに影響のないものとなっています。もちろん、万が一のためのバックアップも用意されています。
24時間365日、正常に稼働することがデータセンターにとって重要です。そのため、コンピューターをはじめとするリソースを安全に運用するために、最適な設備となっています。

高品質な通信回線

高速で大容量の通信回線が大量に用意されており、高品質な通信回線を安定的に利用できます。自社で高速通信回線を用意し、保守運用する必要はありません。

高いセキュリティ

リソースやユーザーのデータを保護するため、データセンターには生体認証や接触型カード、二段階以上の認証方式など、厳重なセキュリティ対策が用意されています。
さらに24時間の有人監視、監視カメラ、入出時のチェックなど、厳しい警備体制がとられています。24時間の監視体制があるので、障害の発生も素早く検知でき、復旧までの時間を短縮できます。

サーバーに適した環境

データセンターは、大量のサーバーやネットワーク機器が発する熱を逃がすため、空調設備で温度や湿度を管理し、ハードウェアが安定稼働できるようになっています。ご要望によってはハードウェアに対する保守も、データセンター側が行います。

データセンターサービスの種類

データセンターは、提供するサービスによって、ハウジングとホスティングの2種類に大きく分かれます。

ハウジングサービス

ハウジングサービスは、コロケーションとも言い、企業のサーバーなどを共同の場所に預けるサービスです。サービス事業者が場所を提供し、ユーザーがサーバーやネットワーク機器を準備し、データセンターに預ける形になります。
ハードウェアの運用や保守は基本的にユーザー側で行います。都市型のハウジングサービスであれば、緊急時にすぐに駆けつけることができるので安心です。なお、サーバーの運用管理やマネージドサービスを提供するデータセンターもあります。

ホスティングサービス

レンタルサーバー、シェアードホスティングとも呼ばれます。データセンター側が、サーバーやネットワーク機器を用意して、運用管理します。ユーザーはサーバーを所有せずに、サービスとして利用します。
保守サービスが含まれているので、遠隔地のデータセンターでも問題ありません。サーバーを占有する「専用ホスティングサービス」と、サーバーを複数のユーザーで共有する「共有ホスティングサービス」があります。

データセンターの選び方

データセンターを選ぶときには、まず自社がどのようにデータセンターを利用したいのかを考える必要があります。
社内要件を明確にしたうえで、次のようなポイントでデータセンターを選びましょう。

稼働の安定性

データセンターは、自社にサーバーを置くよりも安心ですが、それでも、より災害に強いデータセンターを選ぶことが重要です。建物の立地、大まかな設置場所や耐震性能、免震構造や制震構造の有無などを確認しておきましょう。
空調設備や供給電源、停電時の対応などにも気をつける必要があります。データセンターには、安定稼働という大きなメリットがありますが、サービスの内容は事業者によって異なります。より自社に合ったサービスを見極めることが重要です。

セキュリティ

部外者によるデータの盗難や破損、漏えいを防ぐため、セキュリティについてもチェックが必要です。物理的な入退室管理とネットワークセキュリティの両面から、高いセキュリティを実現しているデータセンターを選びましょう。

サポート

導入時のサポートや運用中の質問、トラブル発生時の問い合わせなど、サポートサービスを利用する機会は案外多いものです。問い合わせの対応レベル、サポート体制や内容、料金を確認しておく必要があります。

料金

データセンターの利用料金は、ラック利用料(コンピューターの利用料)、電源、回線、サポートの料金など、さまざまな料金がかかります。利用するデータ容量が大きいと料金も高くなるので、自社で最適な容量を計算しておくことも重要です。

まとめ

企業において、サーバーの安定運用は、時に安定した経営活動にもつながります。しかし従来のオンプレミスでの運用は、運用管理に多くのリソースとコストがかかっていました。データセンターの活用は、システムを安定的に稼働させ、業務効率化を実現するでしょう。
シーイーシーでは、ハウジングサービスやホスティングサービスなど、データセンターを利用したさまざまなサービスを提供しており、お客様の目的や課題に合わせたデータセンターの活用方法をご提案しています。また、データセンターでのシステム構築や、既存システムからの移行、運用管理などのサービスも充実しています。
豊富な経験を持つシーイーシーには、保険業界、官公庁・公共団体などのシステム最適化、データセンター移行の実績もあり、データセンターをより活用したいと考えている企業に選ばれています。ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

関連サービス情報


ご要望に合わせたさまざまな形態の料金モデル、ご利用目的に合わせたクラウドサービスを提供
データセンター価格
BizVision PLUS Private(プライベート)
BizVision PLUS Public(パブリック)

お役立ち資料

失敗しないデータセンター選びのポイント

お悩みではありませんか?

業継続計画の一環で、またセキュリティ施策向上やアウトソーシング導入を契機に、データセンターを活用する機会が増えてきています。データセンター事業者が考える「失敗しないデータセンター選びのポイント」を、みなさんにこっそりお教えしたいと思います。

内容
  • データセンターの利用形態(基本サービス)
  • データセンタータイプ
  • データセンター付帯要素
  • データセンター選びに失敗しないために

ダウンロードはこちら

関連記事一覧