IEサポート終了!IE依存アプリケーションに起こる不具合の事例を紹介

マイグレーション

2022年6月、Windows 10における Internet Explorer(IE)のサポートが終了しました。IE依存のアプリケーションやシステムを、従来通りの操作性で使うためには対策が必要です。IEサポート終了後も移行や対策を行わず、IE依存のアプリケーションを使い続けた場合のリスクについて、実際の事例を挙げながらご説明します。

IEサポート終了で対策が必要な理由

IEに依存するアプリケーションの一番の問題は、他ブラウザーとの非互換性です。ブラウザーの設定をしていない場合、IEサポート終了後はIEではなくMicrosoft Edgeが無条件に起動されますが、他のブラウザーでは正常に稼働しないケースが多々あります。また、Microsoft社も切り替えを勧告しているように、セキュリティ対応がされなくなるため、脆弱性も大きなリスクとなります。
IEからの切り替えを行い、Webアプリケーションを改修するには相応の時間と労力がかかるため、IEサポート終了前に対策が必要です。

IEサポート終了の背景やスケジュールについては下記の記事で詳しく解説しています。

IEサポート終了後に使い続ける事で起こりうるインシデントや対応策はこちらでご説明しています。

IE依存のアプリケーションをそのまま使い続けた場合の不具合例

IE依存のアプリケーションは、IE以外のブラウザーとの互換性に問題がある場合が多く、他ブラウザーで利用し続けた場合、「画像や文字の一部の表示が崩れる」「正常に表示・動作しない」などの問題が発生します。
実際に起きた不具合の例をご紹介します。

(1)ボタンの表示が途切れる

以下のIE依存アプリケーションでは、ボタンの表示が途中で切れてしまっています。

ボタンの表示が途中で切れてしまったIE依存アプリケーション
IE依存アプリケーションでは、ボタンの表示が途切れることも

(2)ぶら下がりのタブが表示されない

以下は、本来表示されるべきタブが出現しなくなった例です。

下記の図を見ると、赤枠内には何も出現していません。本来、赤枠内にあるべきタブが表示されないため、ユーザーにとってはアプリケーションの機能を利用できない状態になります。

タブが正常に表示されないIE依存アプリケーション
IE依存アプリケーションでは、タブが正常に表示されないことも

※正常な表示は、以下の通りです。赤枠内にタブが並んでいます。

タブが正常に表示されないIE依存アプリケーション
IE依存アプリケーションでは、タブが正常に表示されないことも

(3)クリックに反応しない

こちらは、クリックに反応しなくなったケースです。本来は、文字列をクリックすることで画面遷移が行われるのですが、クリックしても何も変化がありません。

クリックに反応しないIE依存アプリケーション
IE依存アプリケーションでは、クリックが正常に反応しなくことも

こういった非互換が引き起こす問題を解消するために、IEサポート終了前にすべてのページに対して、動作確認を含めた検証と対策が必要です。改修が必要な画面数が数百ページに及ぶこともあり、対応は簡単ではありません。IEサポート終了目前となった今、IE依存のシステムへの対応は待ったなしの状態です。

IE依存アプリケーションの不具合回避にはまず、現状把握のための調査を!

IEサポート終了後、アプリケーションによっては今回ご紹介したように不具合が発生する危険性があります。これに対応するためには、第一にIE依存のアプリケーションやWebシステムの現状を知ることが必要です。しかし、IE依存システムは長く使用されていることが多く、複雑であったりブラックボックス化していたりと、調査には時間と労力がかかります。また、基幹システムなど、さまざまなシステムと連動しているIE依存アプリケーションを検証・確認するのは大変な作業です。

そこで、不具合について調査するアセスメントサービスを利用するのがおすすめです。アセスメントサービスでは、IEサポート終了に向けて現行のブラウザーシステムを調査し、修正が必要な箇所を把握できます。

IEのサポートは既に終了。早急に実施したいアセスメントサービス

早急にアセスメントサービスを利用することで、必要最小限の費用でIE依存システムの現状を把握できます。はじめに事前ヒアリングを行い、システムの概要や対象の画面数などを調査します。次に、修正箇所の調査により、アプリケーション改修を可視化します。さらに、移行方式、移行リスクの分析、費用の算出へと続き、最終的な報告と提案へと進みます。
このプロセスを自社で行うことは難しいものです。IEサポート終了を間近に控え、IE依存システムの見直しが必要な今、ぜひアセスメントサービスをお早めにご検討ください。

まとめ IEはサポート終了済み!IE依存システムへの対応は早急に

今回ご紹介した通り、IEサポート終了後もIEに依存したアプリケーションを使い続けると多数の不具合が生じることが考えられます。IEサポート終了が迫る中、IE依存のアプリケーションへの対応は急務となっています。

まずはアセスメントを行って、他ブラウザーとの非互換性による問題点を把握する必要があります。その後の対応として、根本的に解決するためにはマイグレーションが必要です。さらに、既存システムのメインフレームを変えるモダナイゼーション(老朽化したICT資産を最適に変革すること)へと進むのもよいでしょう。

脱IEに関するウェビナーも下記にてお申し込み受け付け中です。

関連記事一覧