LGWAN(総合行政ネットワーク)とは?自治体が活用できるASPサービスについて

「LGWAN(総合行政ネットワーク)」とは?自治体が活用できるASPサービスについて
セキュリティ

地方公共団体や中央省庁などが利活用する「LGWAN(Local Government Wide Area Network)」。その定義や仕組み、活用メリットは一体どのようなものなのでしょうか。この記事では、こうしたLGWANの全体像に加え、同ネットワークで提供されるASPサービスにも言及。行政機関の職員などを対象に分かりやすく解説していきます。

LGWAN(総合行政ネットワーク)とは

LGWAN(総合行政ネットワーク)とは、地方公共団体の組織内ネットワーク(庁内LAN)を相互につなぐ行政専用の広域ネットワークです。インターネットから切り離された閉鎖的なネットワークで、「J-LIS(地方公共団体情報システム機構)」によって運営されています。

LGWANは、スムーズな情報共有や高度な情報活用などを目的に整備され、2001年度から都道府県、2003年度から全市区町村が接続し、本格的な運用が始まりました(現在、ほぼすべての都道府県と市区町村が接続)。また、各中央省庁のコンピューターネットワークを互いにつなぐ「政府共通ネットワーク(旧霞が関WAN)」にも接続しており、地方公共団体と国の機関による情報交換の基盤としても活用されています。

LGWAN(総合行政ネットワーク)の図

(図引用:総務省「平成14年版 情報通信白書」)さらに、LGWANは、電子メールや電子掲示板の利用に加え、自治体向けドメイン(LG.JPドメイン)の発行など自治体向けに各種サービスを提供。電子文書などの秘密保持や、改ざん・否認を防止するシステム「LGPKI(地方公共団体組織認証基盤)」を活用し、デジタル証明書の発行なども行っています。また、電子申請や電子入札などのシステムに関して自治体は、「LGWAN-ASP」を通じて共通の行政アプリケーションを導入することが可能です。

ITを活用し業務の効率化などを図る「スマート自治体」の実現では、その方策としてLGWANの活用が注目されています。特に、AI(人工知能)などに関するサービス提供を行うLGWAN-ASPは、今後スマート自治体を実現させる上で不可欠になるとみられています。

LGWANの全体像や仕組み

J-LISによると、LGWANは、地方公共団体が設置するLGWAN接続ルータ(地方公共団体の庁内LANとLGWANを接続する通信機器)」や「都道府県ノード(都道府県に設置し、管内の接続団体とLGWAN-ASP サービス提供者のアクセス回線を接続する設備)」、「LGWAN網(通信事業者が日本全国に保有する設備を使用して構成された閉域の広域イーサネット網)」、「東日本・西日本セキュリティゲートウェイ(LGWAN全体を運用管理する施設設備 )」によって構成されています。

LGWANのセキュリティには、サーバーへの不正侵入を防ぐファイアウォールに加え、盗聴防止のための通信経路の暗号化、侵入検知システム(IDS)、公開鍵暗号方式(PKI )による認証など、さまざまな対策を実施。また、セキュリティオペレーションセンター(SOC:Security Operation Center)によって、24時間365日、セキュリティ監視が行われています。

LGWAN(総合行政ネットワーク)のネットワーク構成図

(図引用:地方公共団体情報システム機構

LGWAN-ASP(Application Service Provider)について

ここでは、冒頭で言及したLGWAN-ASPについて詳しく解説していきましょう。そもそもASPとは、インターネットなどを介して遠隔からソフトウェア(アプリケーション)を利用する仕組みやサービス、またサービス提供者のこと。つまり、LGWAN-ASPは、地方公共団体がLGWANを通じて必要なアプリケーションサービスなどを利用する仕組みや、これらのサービスを提供するプロバイダーを意味します。

2003年からLGWAN-ASPへの本格的な接続の受付が開始され、現在、府省や公益法人、民間企業などがASPとしてさまざまな行政向けのアプリケーションサービスを提供。J-LISが認めた地方公共団体などが多くのサービスを利活用しています。

LGWAN-ASPの目的は、地方公共団体によるIT化の促進や、高度な品質のITサービスやリソースを地方公共団体間で共同利用することによるIT活用格差などの解消です。これらのシステムやアプリケーションは、地方公共団体が独自に構築すると非常にコストや時間が掛かかります。従って、経済性や安定性が担保されたシステムを導入・運用しようという考えが生まれ、LGWAN-ASPの目的の一つに加えられています。

LGWAN-ASPの種類

主にLGWAN-ASPは、1.アプリケーションおよびコンテンツサービス、2.ホスティングサービス、3.ファシリティサービス、4.通信サービス、5.ネットワーク層および基盤アプリケーションサービスによって構成されています。この内、(LGWANに接続できる)地方公共団体がユーザーとして直接利用できるのは、電子申請や電子入札、行政情報などに関するアプリケーションおよびコンテンツサービスです。

LGWAN-ASPを構成するサービスの種類
アプリケーションおよびコンテンツサービス
(主な利用者:LGWAN利用団体)
電子申請や電子入札などに関する各種アプリケーションや、情報コンテンツなどを提供するサービス
ホスティングサービス
(同:アプリケーションサービス提供者)
アプリケーションを稼動させるサーバー機器の提供や、運用管理を行うサービス
ファシリティサービス
(同:アプリケーションサービス提供者)
ホスティングサービスを構成する機器の設置スペースや、そこでの電源・空調などの設備を提供するサービス
通信サービス
(同:ホスティングサービス提供者)
ホスティングサービスの構成機器を、LGWANに接続するための専用回線を提供するサービス
ネットワーク層および
基盤アプリケーションサービス
(同:LGWAN利用団体・LGWAN-ASP提供者)
IPアドレスや、ドメイン名管理、基本プロトコル群、アプリケーション基盤を提供するサービス

(参考:「J-LIS LGWAN-ASPの種類」)

自治体クラウドサービス「WonderWeb LG」を手掛けるシーイーシーでは、LGWAN-ASPとして、「共通基盤(統合宛名)ソリューション」や「子育てワンストップサービス導入ソリューション(ぴったりサービス活用)」を提供。ICTを活用し、自治体職員に易しく、住民に優しい『まちづくり』をサポートしています。

LGWANの導入効果

J-LISの総合行政ネットワーク全国センターは、LGWANの導入効果について、行政事務の効率化・重複投資の抑制・住民サービスの向上、この3つを挙げています。では、それぞれのメリットについて解説していきましょう。

行政事務の効率化
各地方公共団体の相互的な接続や、政府共通ネットワークとのつながりによって、より広範な情報の交換・共有が実現し、行政事務の効率化や迅速化が可能になります。
重複投資の抑制
汎用的な情報通信ネットワークとして構築されるLGWANは、地方公共団体による情報システムへの重複投資を抑制し、維持・運営に掛かる費用の削減を実現します。
住民サービスの向上
住民生活に必要な行政情報の提供や、各種申請・届出といった手続きの電子化など、国と地方公共団体が一体化した行政サービスを提供することで、住民サービスを向上させることができます。

LGWAN-ASPの活用メリット

自治体のLGWAN-ASP活用のメリットは、これまでに述べたように、行政サービスなどの運用・管理などに関する経済性・信頼性・拡張性の確保です。基本的に端末や回線の設置などが不要なため、各種行政サービスが低コストで実現します。さらに、セキュリティ対策が強固に施された閉鎖ネットワークを利用するLGWAN-ASPでは、サービスの信頼性が一層向上。また、サービス提供に必要なシステム環境を一度構築すると、サービスの拡充や追加が簡単に行えます。

特に、住民が行政サービスの各種手続きをオンライン申請する「ぴったりサービス(マイナポータル)」の業務などでは、住民のマイナンバーカード申請の増加に伴い、行政機関が業務の負担軽減としてLGWAN-ASPを活用するケースが増えているということです。

例えば、シーイーシーが手掛ける「子育てワンストップ導入ソリューション(ぴったりサービス活用)」では、住民の各種申請情報が一括で自動ダウンロードできるようになり、これまで職員が1件1件行ってきた作業が大幅に軽減。こうした「子育てワンストップサービス」に関する業務システムの構築・運用は、新機器の導入なしに最短1カ月で可能となっています。

また、「共通基盤(統合宛名)ソリューション」では、行政機関で運用されている各業務システムを再構築し、低コストでセキュリティの強靭化などを実現。さらに、既存システム間のデータ連携を集中的に制御することで、業務システムごとの制約を排除し、大幅なコスト削減を可能にします。

LGWANの活用についてはシーイーシーにご相談を

LGWANや、LGWAN-ASPに関する理解は深まりましたでしょうか。LGWANのような共通の通信基盤がなければ、関係先との個別回線が必要になりコストが増加し、システムの管理が複雑になります。このため、地方公共団体などの情報ネットワークを相互につなぐLGWANは、経済性・効率性などの観点から不可欠なものになっています。

LGWANを活用したASPサービスなどを提供するシーイーシーでは、行政機関向けの多様なソリューションを提供。自治体職員が手掛けるさまざまな業務の負担軽減をサポートしています。特に、コロナ禍で注目されるオンラインの転入手続きなどに関して、LGWAN-ASPを活用した新たなサービスの提供を進めています。ぜひこれを機会に、サービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連サービス情報

wonderWebLG ロゴお問い合わせはこちらから
資料請求はこちらから

お問い合わせ

関連記事一覧