いざ、テレワーク。見えてきた課題。-リモートワークや在宅勤務のスムーズ導入にむけた解決策とは-

働き方改革

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を想定した新しい生活様式として、在宅勤務(テレワーク)の課題と解決に向けた実践例をご紹介します。

「新型コロナウイルスの感染の拡大を防止するためには、多くの人が集まる場所での感染の危険性を減らすことが重要です。通勤ラッシュや人混みを回避し、在宅での勤務も可能となるテレワークは、その有効な対策の一つです。」
出典:総務省「新型コロナウイルス感染症対策としてのテレワークの積極的な活用について

特に首都圏の通勤電車では、今までの超満員状態が緩和されており、リモートワーク(テレワークや在宅勤務)の効果を肌で感じている方も多いでしょう。
テレワークや在宅勤務は、今回の新型コロナウィルス感染症の拡大防止対策以外にも、自然災害によるBCP対策としても有効で、いざという時の企業活動存続に役立ちます。また、大規模国際イベントなどによる交通マヒを回避するためや、育児や介護と仕事の両立を叶えるためなど、テレワークが必要となるケースは多々存在します。
しかし、いざテレワークを実施しようとしても、ネットワーク環境やセキュリティの不安、コミュニケーション不足などへの懸念から、テレワークや在宅勤務の導入が思うように進まない企業は少なくありません。

そこで、テレワーク・在宅勤務推進から見えてきた、課題とその解決策をお伝えします。

テレワーク時の課題(1)社内ネットワークへのアクセス

最初の課題として、社内ネットワークへのアクセス環境の準備が挙げられます。自宅のインターネット回線から社内へつなぐのではなく、セキュリティを考慮した接続が必須です。
シーイーシーの働き方改革ソリューション「WORK STYLE SUITE」にラインアップされているセキュアモバイル定額通信サービスは、環境に合わせて選択できる、USBタイプSIMタイプWiFiタイプと、環境に合わせて選択でき、手軽で安全なネットワーク環境の構築が可能です。

これにより、在宅勤務・モバイルワーク・サテライトオフィスなど、場所を選ばず社内ネットワークへアクセスでき、さらには、第三者にはアクセスができない閉域網を利用するため、今までは社内に居ないとできなかった業務が、社外からでも可能になります。
また、既にVPNによるリモートアクセス環境をご利用している場合は、WEB会議による通信量の増大により、ネットワークが逼迫している問題が多く報告されています。お申込みから一か月程度で利用を開始できる手軽さから、VPNの分散先としてセキュアモバイル定額通信サービスを導入される事例も増えています。

テレワーク時の課題(2)勤怠管理

テレワーク導入に二の足を踏んでしまう理由として、勤怠管理があげられます。その理由は、多くの企業では、働いた時間による評価方法を採用しており、テレワーク時の実際に働いた時間の把握が難しいからです。
オフィス内であれば、タイムカードやICカードによる打刻などで、勤務時間を管理することができますが、テレワーク時にはWEBなどによる遠隔での打刻が必要となります。さらには直行直帰といった場合にも打刻ができると、より正確な勤怠管理を実現することができます。

この、テレワーク時や外出先からの出退勤管理の課題を解決できるモバイル勤怠管理では、PCのブラウザ経由での打刻、スマートフォンでの打刻、更にICカードリーダーに社員証をかざしての打刻など、多くの方法で打刻を行うことができます。また、カフェなど第三者がいる場でのテレワークを防止するために、スマートフォンのGPS機能を使って、位置情報を記録することもできます。
さらにはテレワーク機能として、従業員が「テレワーク開始ボタン」を押すことで、「テレワーク中」の従業員をリアルタイムで把握することができます。

ニューノーマルの時代に即した勤怠管理システムを採用し、テレワークを行っても従来の勤怠管理を実現してみてはいかがでしょうか。

テレワーク時の課題(3)テレワークによるコミュニケーション不足

また、テレワークによるスタッフ間のコミュニケーション不足も、実施から見えてくる課題の一つといえるでしょう。オフィス内であれば、何かあった際、すぐにミーティングを行うことが可能ですが、リモートワークをしている社員にその都度、出社してもらうわけにはいきません。

また、ミーティングをするほどでもないちょっとした業務連絡も、毎回メールで行うのはそれなりの手間がかかります。そこで、この問題の解決策としておすすめなのがビジネス向けチャットツールである「LINE WORKS」です。

チャットがコミュニケーション活性化に役立つ理由として、メールのように「お疲れ様です」や送信相手の名前を入力する必要はなく、気軽に連絡を行える点が挙げられます。また、メールは一対一での情報共有が基本ですが、チャットはグループチャットも簡単に設定できるので部内全員とスムーズに情報共有できます。既読機能なども活用できるので、情報格差が生まれにくいのもメリットの一つです。

チャットツールを利用することで、テレワーク時のコミュニケーション不足を解消できます。以前よりもコミュニケーションが活性化するケースもあるといえるでしょう。

テレワーク時の課題(4)安全な印刷環境がなく、書類を印刷できない

最後の課題として、「どのように書類を印刷するか」という点が挙げられます。ペーパーレス化を進める企業は年々増加していますが、取引先へ提出する企画書や見積書、社員採用や更新時に使用する契約書など、どうしても印刷が必要な書類はいまだ多くあります。

例えば、自宅に印刷環境がない社員が在宅勤務を行う場合を考えてみましょう。テレワークのためにわざわざプリンターを購入するとしたら、社員、企業ともに多大なコストがかかります。また、インクや用紙などのランニングコストがかかるうえ、故障などのトラブルが発生すれば、業務も滞ってしまいます。

取引先への移動が中心で、業務効率化のためにテレワークを利用している営業社員にとっても印刷環境の整備は重要な問題です。商談時に必要な企画書や見積書の印刷のために、オフィスに戻るようでは、業務効率化を果たすことはできません。

こうした印刷に関する課題を解決するためには、コンビニでの印刷が可能なシーイーシーの「CanDay」が効果的です。契約書や見積書といったビジネス文書をコンビニで印刷するのは、セキュリティリスクが高いと思われるかもしれません。しかし、現在では、全国のコンビニと企業間を結ぶ「CanDay」のプリントサービスは、セキュリティが確保されており、印刷ログも記録できるため安全に運用できます。また、利用料金はすべて企業による後払いになるため、利用者が後から請求書を作成する手間もかかりません。

スムーズなテレワークの導入で感染拡大防止を!

すべての業務でテレワーク・在宅勤務を実施できるわけではありませんが、生産性向上といった副次的な効果を出す業務もあることは事実です。さまざまな課題はあるものの、ほとんどの問題点は現在のテクノロジーで解決可能です。本格的にテレワーク・在宅勤務を導入した企業からの、成功事例も多く報告されています。

自社の問題点を洗い出し、適切な対応策を施したうえでテレワーク・在宅勤務の導入を進めてみてはいかがでしょうか。

関連サービス

新たなバリューを生む「新しい働き方」をご提案します!「WORK STYLE SUITE」
新たなバリューを生む「新しい働き方」をご提案します! 「WORK STYLE SUITE」

テレワーク導入に向け、低コストでセキュアなプリント環境を構築!「CanDay」
テレワーク導入に向け、低コストでセキュアなプリント環境を構築!「CanDay」

お問い合わせ

関連記事一覧