【第1回】労働力人口減少の中で企業が生き残るためのRPA戦略とは

お役立ち資料

< 目次 >

  • RPAによる第4次産業革命で変わる、ホワイトカラーの働き方
  • 急速に進むRPA市場
  • RPAを導入する4つのメリット
  • RPA導入でぶつかる壁
  • RPAの導入を成功させる2つのポイント

労働力人口減少の中で、企業が生き残るための戦略や、労働力不足への対策や、ルーチンワークからの解放など、RPAの導入は、働き方改革を実現する中心的な役割として期待されているRPA。一方で、残念ながらうまくいかず失敗してしまう事例も少なくありません。現在RPAが注目されている背景や、RPAを導入することのメリット、RPAの導入時に多くの企業が直面する課題についてお伝えします。

概要

急速に進むRPA市場

国内のロボット市場をけん引するRPA。今後、RPAで代替え可能となる国内の職業の割合は49%にも上るといわれています。このような背景の中、企業はRPAに対し、残業の削減や人手不足解消も含めた戦略的な活用に期待しています。

RPAを導入する4つのメリット

BPOによるコスト削減には限界がありますが、RPAは、BPOより飛躍的な効果が見込まれています。処理速度や稼働時間などの優位性の観点からRPAのメリットを見てみましょう。

RPA導入でぶつかる壁と成功させる2つのポイント

企業でよくある課題(ぶつかる壁)を紐解きながら、RPAをスムーズに導入し、働き方改革を成功させるために意識すべき重要なポイントを解説します。

関連記事一覧