【第3回】 RPAを導入・運用するうえでの課題と解決方法

お役立ち資料

< 目次 >

  • ツール選定前に検討するべき3つの要件
  • 従業員の理解を得ることが大切
  • スモールスタートを心がけ、トライアルも活用
  • 長期的な視点で効果を最大化
  • 充実したサービス体制のベンダーを選択することが重要

RPAは導入するツールによって機能や効果が異なるため、ツールありきで進めると失敗しがちです。「自社の課題を把握し、的確に対象業務を選定すること」「導入プロセスを理解し、運用を想定しながら推進すること」が非常に重要です。
そこで第3回の今回は、導入・運用プロセスでよくある課題や解決方法をご紹介します。

概要

従業員の理解を得ながらトライアル試行で

現場が期待するのは「複雑で手間のかかる業務の自動化」ですが、RPAの導入効果が高いのは「単純で時間のかかる業務」です。共通認識を持って効果を得るためにも、本格導入前のトライアルを行うことも一つの方法です。

長期的な視点で効果を最大化

即効性がある業務もありますが、最大減の成果を上げていくためには、通常は、いくつかのステップを踏み長期的な運用が必要です。継続して改善を行い運用し続けることも大切です。サービスやサポート体制の充実した導入ベンダーを選定しましょう。

関連記事一覧