成長戦略としてのマイグレーション
-プロジェクト成功のポイント- (後編)

お役立ち資料

マイグレーションのよくある失敗例。回避するための作戦とは?

企業の成長と競争力を維持するためには、「事業拡張のための戦略的投資」「セキュリティ脅威に対する投資」が必要不可欠です。その一方、多くの企業では、老朽化した既存システム(レガシーシステム)の維持管理・運用労力がすでに許容の限界に達しており、成長戦略に即したICT投資ができないジレンマが生まれています。

この解決策として注目されている「マイグレーション(migration)」を実現させるための具体的な「成功事例」「失敗事例」を2部構成でご紹介いたします。
後編では、具体的な失敗事例をひも解き、マイグレーションを実施時に陥りがちな落とし穴や、失敗しないためのポイントをご紹介します。

< 目次 >

    • マイグレーションを実行する際によく見られる失敗事例

ー「外的動機のマイグレーション」は新たな価値を生み出さない
ービジネス価値を高める内的動機によるマイグレーション
ーマイグレーションはリフォームではなくリノベーション
ーシーイーシーが提供するマイグレーションサービス「Re@nove」とは?

    • マイグレーションプロジェクトを成功させるためのポイント

ーマイグレーション実施で陥りがちな3つの落とし穴

「成長戦略としてのマイグレーション -プロジェクト成功のポイント- (前編)」の記事を読む

関連記事一覧