【オンライン視聴】情報システムの強靭化とクラウドの活用

セミナー/イベント

自治体の受付2020年5月に総務省より発表された「自治体情報セキュリティ対策の見直しのポイント」。
それによると自治体は、テレワークの導入やクラウドの活用が求められています。
こうしたガイドラインへの対応や「新しい生活様式」の実現に向け、効率性・利便性を向上させた「新たな情報セキュリティ対策」が必要とされています。

本動画では、自治体が取り組むべき情報セキュリティ対策や、情報セキュリティ体制・インシデント即応体制の強化について解説します。
※本動画は2020/9/3に開催したウェビナーを収録したものです。

概要

【基調講演】
藤沢市 総務部IT推進課 情報政策担当 大高 利夫 氏
 情報システムの強靭化とクラウドの活用
 ~デジタル社会における自治体のセキュリティ対策~ 
・事件事故から考える
・自治体に求められるネットワーク
・自治体でできるセキュリティ対策
プロフィール
1981年から情報統計課(現IT推進課)で、住基、税、保健福祉総合システムなどの開発、電子申請・電子入札・地域イントラ・GISなどの導入に従事。NISC重要インフラ専門調査会のほか、内閣官房、総務省、消防庁などの委員を歴任

関連記事一覧